サプリメント市場は 今や 2兆円規模の巨大産業に成長し、インターネットやSNSを通じて誰もが手軽にサプリメントにアクセスできるようになりました。

しかし、この手軽さに伴う誤解や誤った情報も多く見受けられます。

例えば、私のクライアント様の一人は、アメリカの統合医療の医師と研究所が開発したとされるサプリメントを毎月5万円も支払って取り寄せていました。

実際 彼は ご自身で研究にそったサプリメントのリサーチをする勤勉家でもあり 素人でありながら、ヘルスリテラシーの高い方。

成分などを チェックさせていただいたところ たしかに 質の良い 療法に適した サプリメントであることがわかりました。

ただ、何年もかなりの量のサプリを摂取されていたのにもかかわらず、

飛躍的な健康改善は見られず 悩んでいたところ ナチュロパシーのカウンターに足を運んでくださいました。

彼の問題点は おおまかに言えば 3つ

  • 個々に合わない食事療法 生活環境
  • そうならざるを得ない原因を追及せず 結果(症状)だけにアプローチしていた
  • 性格的にせっかちで、購入したサプリが 効かなければ すぐ また購入。。。と、数(種類)が増えていく。。

ちなみに、検査のアップデートはしていない( 医師から見放されたので、、と本人はかたっておりましたが)

これでは せっかくの 質の良いサプリメントも 何が効いているのかも分からず 効率よくは 働いてくれません。

その他

流行と謳い文句に左右され サプリメントを購入されてしまう悲しいケースも多く

ナチュロパシーの専門家として、皆さんが健康とウェルネスを最大限に享受できるために

個々の健康状態やニーズに基づいた、より科学的かつ個別化されたアプローチを 正しい情報ともに提供したいと思って活動しております。

以下に、サプリメントに関する一般的な疑問と、それに対する答えをご紹介いたします。

Q: オンラインで販売されている日本製のサプリはいいの?

A: 残念ながら、一般向けに販売されている日本のサプリには品質基準が統一されていなく、国民生活センターの調査によると、カプセルなどを含め、4割以上が規定時間内に水に溶けなかったと報告されています。

もちろん 日本製で 海外よりも 質と純度の高い サプリメントもあります。

選択する際は、自身の体調に合った製品えらびはもちろん、企業の信頼性や専門家の意見を参考にすることも重要です。賢く選び、健康をサポートする適切なサプリメントを見つけましょう

Q: では アメリカのサプリなら大丈夫ですか?

A: アメリカのサプリメントも必ずしも安心とは言えません。

一般向けに販売されているサプリメントについては、成分表の栄養素の量が実際と異なる場合や、有害物質が含有されている報告があります。

また、アメリカのサプリメントは日本のサプリメントよりも多くの有効成分が含まれるものが多いので、含有量に注意しないと、過剰摂取になってしまう可能性も高いと言えます

もちろん、妊娠や 授乳中、 アレルギー体質の人 また 腎機能が低いかたも 注意が必要です。

オンラインなどで、一般向けに販売されているハーブやサプリなどに対して独自調査を行い、メンバーサイトでレポートを公開している民間サイトがありますが、

成分表に記載されてる栄養素の量と実際 違う量であったり 賦形剤(ふけいざい)として 有害物質が 含有されていたという報告もあります

例:人気の NMNサプリメント(ビタミンB3の活性型)が販売されてますが、 表記には NMNの含有量が記入されているにも関わらず、 こちらで調査したところ、全く NMNがはいっていなかった!! という 驚きの事実が 公開されたことも!!

参考文献である ヘルシーパス会社(医師専門のサプリメント開発に取り組んでいる)田村忠司先生も ~書籍から~ ”サプリ工場で 表記された栄養素の量が きちんと 入っているかの抜き打ち検査をよくする” とおっしゃっていますが、 これは 日本はもちろん、海外でも よくあること。

是非 先生の書籍を 読んでくださいね。

おススメです。

 

Q: オーストラリアからの サプリについてもっと 教えてください

A: オーストラリアには

Therapeutic Goods Administration(TGA/オーストラリア政府の規制機関)といって、医薬品、サプリメント、医療機器などの安全性、品質、効果を監督している機関があり、

サプリメントに関してTGAは特に厳格な基準を設けています。

 一覧はその主要なポイントですので 参考までに

  • 登録と承認: オーストラリアで販売されるサプリメントは、TGAによる登録または承認が必要です。
  • これには、製品の安全性、品質、効果に関する詳細な情報の提出が含まれます。
  • 成分表示: TGAはサプリメントの成分表示についても厳格な規則を設けています。
  • これには、全ての成分の正確な量や比率の表示、潜在的なアレルギー物質の明示、使用上の警告や推奨摂取量の指示が含まれます。
  • サンプル:
  • 製造基準: サプリメントの製造は、Good Manufacturing Practice(GMP)のガイドラインに従わなければなりません。これにより、製品の一貫した高品質が保証されます。
  • 製品のテスト: TGAはサプリメントが市場に出る前に、成分の純度や汚染物質の有無などをテストします。。例として、成分分析、純度試験、汚染物質の検査が含まれます。
  • ラベリング要件: サプリメントのラベルには、成分、推奨用量、特定の健康上の警告、製造業者の情報などが明記されている必要があります。

オーストラリアでは、プラクティショナー限定のサプリメントが世界トップレベルの基準を満たしていますが(成分表の標識においても 厳しい規定)、それでも 食事や薬との相互関係、アレルギーや 作用の度合なども 個人差がある旨 注意が必要となってきます。

環境や社会背景、遺伝などを考慮したカウンセリング後の処方が重要となってきます

オーストラリアの 成分表記に関しては こちらのブログ ”オーストラリアのサプリメントの成分表記の違いと見方”を ご覧ください。